エンパシーで他人の感情を操る方法

エンパシーは、英語で「共感」という意味です。

一般的には、共感は「他人が体験し感じているを、まるで自分のものであるように感じて同調する」ことかと思います。それは自然で無意識の心の作用です。
共感が過ぎると、過敏症のようなネガティブな影響も出てきます。

ハートのつながり

超能力のエンパシー

超能力的なエンパシーは、「他人の経験してる感情を理解し、操ること」を意味します。
一般的な共感と異なるのは、それが意識的にターゲットにチューニングしたものであって、自他の感情の区別がついていることにあるとされています。また、一般的な共感は、他人の演技にも騙されてしまうのに対して、超能力のエンパシーは見せかけの感情には動かされません。

エンパシーとテレパシー

超能力のエンパシーは、テレパシーと似ています。
テレパシーが、他の人から「思念」を受け取ったり、他の人に思念を送ったりするのに対して、エンパシーの場合は「感情」を送受信していると考えて良いです。

しかし、エンパシーの方がテレパシーよりずっと簡単です。

スポンサーリンク

エンパシーの方法

エンパシーが出来るようになるには、先ず実際に行ってみることです
ターゲットを選び、その人をつながって同じ感情になるようにイメージしてください。
また、並行して、瞑想を練習すると良いです。

ステップ1:ターゲットにチューニングする

ターゲットとなる人を決めて、意識をその人の現在の感情に合わせます。
ターゲットは、愛する人・好きな人が良いでしょう。

ステップ2:ターゲットと繋がる

相手から感情が発散して、あなたと2人を包み込む様子をビジュアライズします。
相手の感情が強いほど、あなたもなにか波動のようなものを感じるはずです。

ステップ3:感情を変化させる

2人を包む感情を変えます。
たとえば、ターゲットの感情が「不安で落ち着かない」ものだったとして、「元気で楽しい状態」に変えてみましょう。

心のなかで「あなたは元気になります。楽しくなります」と繰り返し唱えます。
それから、ターゲットの目を見つめて、目からあなたのメッセージを伝えるようにします。

他に、オーラの色をイメージするやり方もあります。
あなたから元気を象徴する赤いオーラが出て、だんだん大きくなって2人を包んでいるとビジュアライズします。

2人で赤いオーラに包まれる

ステップ4:ターゲットの感情をたしかめる

ステップ3の効果で相手の感情に変化が見られたと思ったら、すぐに確認しましょう。
エンパシーで感じても良いですし、相手に話したりして確かめても構いませんので、すぐに確認することが大事です。

終わったら、エンパシー練習の結果を記録しておきます。

エンパシーの活用法

エンパシーはいろんなことに活用出来ます。

代表的なものは
・人を癒すヒーリング
・スポーツや勉強に頑張る人を応援
・あなたのことを好きにさせる
などです。

なお、エンパシーで相手の感情を操るためには、先ず相手の感情を感じること
が重要です。感じる力に比例して、操る能力も高くなります。

ハートチャクラを開くトレーニングもお勧めです。

【 参考図書 】
エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう

少し古い本ですが、他人に共感する方法を学ぶのに

【 参考記事 】
人を動かす声をつくる
超能力で相手を好きにさせる1
オーラを見る方法 初級編1

スポンサーリンク