サイコメトリー能力を習得する1

サイコメトリーに関する情報の需要が意外に多いようですので、数回にわたってサイコメトリック・スキル(サイコメトリーの技術)を身につけるためのエクササイズを紹介します。

サイコメトリーとは、指輪や時計などの物体に残る持ち主の考えや感情を読み取る能力です。
参照: サイコメトリーの訓練
「サイコメトリー能力を習得する1」の続きを読む…

透視 あなたのいまと前世の因縁を知る

前世を透視する方法として前回とは違う方法を紹介します。
これは、あなたの前世の姿というより、前世があなたに及ぼしている影響=カルマ、因縁を元にあなたの現世をよりよく生きる教えを得ようというものです。
「透視 あなたのいまと前世の因縁を知る」の続きを読む…

透視能力を開発する方法3 自分の前世を知る

自分の前世を知る方法は以前にもオーソドックスな方法を紹介しましたが、今回は透視能力者リニエルが教える自分の前世を知るための方法です。

基本的には、薔薇十字団に伝わる方法を踏襲しています。
「透視能力を開発する方法3 自分の前世を知る」の続きを読む…

透視能力を開発する方法2 過去を透視する

リモート・ビューイング(遠隔透視)は、空間だけではなく、時間も超えるというお話をさせて頂きましたが、今回は過去を透視するための2つのエクササイズ・トレーニング方法を紹介します。

過去を透視した例としては、米国中央フロリダ大学のディビッド・ジョーンズ考古学博士の教室で、超能力探偵(サイキック・ディテクティブ)ノーリーン・リニエルが行った人骨調査があります。
「透視能力を開発する方法2 過去を透視する」の続きを読む…

透視能力を開発する方法1

よく知られているように、1970年代のはじめ、米国CIAと国防総省は超能力研究プロジェクトを発足させました。その中心になったのは、カリフォルニア州にあるスタンフォード研究所(SRI)です。

スタンフォード研究所(SRI)では、とくに国家安全のためにリモート・ビューイング(遠隔透視)の研究が盛んに行われました。 「透視能力を開発する方法1」の続きを読む…

占い-超能力で他人の悩みを解決

純粋な霊感占いもそうですが、タロット占い、水晶占い、筮竹(ぜいちく)のような易占いがちゃんと当たるようになるためにも人並み優れた直観が必要です。

そこで、今回は米国の高名な「占い師」(英語ではサイキック=超能力者という言葉を使います)養成スクールで行っている内容を紹介します。
「占い-超能力で他人の悩みを解決」の続きを読む…

第3の目を開く方法 3

今回は、ジョナサン・パーカーという著名な作家が勧めている「瞑想で第3の目を開く方法」を紹介します。

この方法は、”The Soul Solution”(邦訳なし)という本に記載されています。
amazonのレビューでも高評価を得ていて、実践者も多いやり方です。
「第3の目を開く方法 3」の続きを読む…