超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


ここまで、
体外離脱から予知、テレパシー、直観、他者操作などを
扱ってきましたが、全ての項目で
イメージすること、ビジュアライズすることが
手法の中核を成しています。

このように
ビジュアライゼーション(心像視)は
超能力の開発における
基本的な能力として
絶対に必要なものです。


スポンサーリンク



また、
自律訓練法でも使われているメソッドですので
リラックスの方法としても
呼吸法や音楽と並んで
重要なツールになっています。


良いイメージを心に描くのは
本当にリラックスできます。

加えて、イメージをクリアに見えるようになることは
創造性開発(ヒラメキ力アップ)
記憶力強化

の面でも大いに役立ちます。

本日は、
ビジュアライゼーションの基本トレーニング
カラー・ビジュアライゼーション(色の心像視)
の方法を紹介します。


カラー・ビジュアライゼーションの方法

色の心像視


00.
あなたは、ゆっくり息を吐いて自然に息を吸います
また、ゆっくり息を吐いて自然に息を吸います
あなたはリラックスしています

01.
先ず、あなたがきれいなデパートに入っていくところをイメージします
まっすぐ、エレベーターに乗って7階まで昇ります
このとき、力を抜いて重力を感じましょう

虹

02.
エレベーターが7階に着いたら、扉が開きます
あなたはゆっくりと7階のフロアを歩きます
そこは、すべてが「赤」でできた世界です
床も壁も天井も全て赤い色をしています
あなたを包む赤をイメージしながら、
下りのエスカレーターまで歩きます

03.
エスカレーターに乗って、6階まで降ります
力を抜いて、エスカレーターを降りていくときの重力(浮く感じ)を味わってください

04.
6階に着きました。
あなたはゆっくりと6階のフロアを歩きます
そこは、すべてが「オレンジ色(橙色)」でできた世界です
床も壁も天井も全てオレンジ色(橙色)をしています
あなたを包むオレンジ色(橙色)をイメージしながら、
下りのエスカレーターまで歩きます。

05.
エスカレーターに乗って、5階まで降ります。
力を抜いて、エスカレーターを降りていくときの重力(浮く感じ)を味わってください

06.
5階に着きました。
あなたはゆっくりと5階のフロアを歩きます
そこは、すべてが「黄色」でできた世界です
床も壁も天井も全て黄色をしています
あなたを包む黄色をイメージしながら、
下りのエスカレーターまで歩きます

07.
エスカレーターに乗って、4階まで降ります。
力を抜いて、エスカレーターを降りていくときの重力(浮く感じ)を味わってください

08.
4階に着きました。
あなたはゆっくりと4階のフロアを歩きます
そこは、すべてが「グリーン(緑色)」でできた世界です。
床も壁も天井も全てグリーン(緑色)をしています。
あなたを包むグリーン(緑色)をイメージしながら、
下りのエスカレーターまで歩きます。

09.
エスカレーターに乗って、3階まで降ります。
力を抜いて、エスカレーターを降りていくときの重力(浮く感じ)を味わってください


10.
3階に着きました。
あなたはゆっくりと3階のフロアを歩きます
そこは、すべてが「ブルー(青色)」でできた世界です。
床も壁も天井も全てブルー(青色)をしています。
あなたを包むブルー(青色)をイメージしながら、
下りのエスカレーターまで歩きます。

11.
エスカレーターに乗って、2階まで降ります。
力を抜いて、エスカレーターを降りていくときの重力(浮く感じ)を味わってください


12.
2階に着きました。
あなたはゆっくりと2階のフロアを歩きます
そこは、すべてが「藍色(インディゴ)」でできた世界です。
床も壁も天井も全て藍色をしています。
あなたを包む藍色をイメージしながら、
下りのエスカレーターまで歩きます。

13.
エスカレーターに乗って、2階まで降ります。
力を抜いて、エスカレーターを降りていくときの重力(浮く感じ)を味わってください


14.
1階に着きました。
あなたはゆっくりと1階のフロアを歩きます
そこは、すべてが「紫色(パープル)」でできた世界です。
床も壁も天井も全て紫色をしています。
あなたを包む紫色をイメージしながら、
出口まで歩きます。

15.
あなたは外に出ました。
太陽の光を浴びて、元の世界に戻りました。
深呼吸したり、背伸びしてみましょう。
すっきりしたご自分に気がつくはずです。

お疲れ様でした!

イメージを明確に鮮やかにするツールはこれです!
CDVantage Quest CD


関連記事はこちら

体外離脱のための参考書
透視・予知・テレパシー開発のための参考書


スポンサーリンク


ページ上部に