問題解決&意思決定のための瞑想法

いままで、読者の皆さんが人生の大きな決断をするときに、正しい判断ができるように直観を使う瞑想のやり方をいくつか紹介してきました。

今回は、より実践的に「合理的な分析や思考」も入れながら、「超能力トレーニングで養われる直観」と組み合わせる瞑想法を紹介します。

進学先や就職先を選ぶとき、転職したいと思ったとき、人生の伴侶を選ぶとき、反対に離婚しようか迷ったとき、引越ししようと思ったときなどに使えますので、是非やってみて下さい。

分岐点で考える人

問題解決&意思決定のための瞑想法

1.
解決したい問題や結論を出したい事柄はなにかはっきりさせます。

例えば、今の会社に勤め続けるか(A案)、誘われている会社に転職するか(B案)で悩んでいるとします。

それぞれの選択肢について、
・長所・メリット・希望となること
・短所・デメリット・心配なこと
を思いつく限り書き出します。

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2526330342045585"
data-ad-slot="2445232898"
data-ad-format="auto">

2.
紙に十字路の交差点の絵を書いてみましょう。

交差点の下の道は、今までのあなたを表します。
交差点の上の道は、現状のまま行ったときの将来のあなたを表します。(A案)
交差点から右へ曲がる道は、あなたが考えている別の選択肢(B案)です。
交差点から左折する道は、今のあなたが思ってもいない未知の選択肢です。

問題解決・意思決定のための選択肢をイメージ

3.
瞑想に入ります。
深呼吸をしてリラックスしましょう。
落ち着いたら、2.で書いた交差点の手前にいる自分をイメージします。

先ずは、このまま交差点を超えて先に行ってみましょう。
・なにが見えますか?
・道の状況は?整備された道ですか?凸凹した道ですか?
・轍(わだち)や水溜り、穴はありませんか?
・周囲の景色は?きれいな風景ですか?それとも荒野ですか?
・道の先はどうなっていますか?真っ直ぐですか?曲がりくねっていますか?きつい坂道になっていませんか?

このような問いをして、イメージが自然に湧き上がって来るのを待ちます。

続いて、右へ曲がる道を行ってみましょう。。
上と同じ質問をして、どんなイメージが湧いてきますか?

最後に、左折する道を行ってみます。
同様の質問をしますが、左の場合は、暗く思えたり、かなり漠然としたイメージしか浮かばないことがあります。それでも構わないのでやってみましょう。

4.
この瞑想をやると、自然に答えが出るはずです。
また、瞑想の途中で人や動物が現れることがありますが、あなたのインナーガイドか守護霊とも考えられます。彼らのメッセージや動きは大事にしましょう。

例で挙げた、今の会社に勤め続けるか(A案)、誘われている会社に転職するか(B案)のどちらを選ぶか悩んでいたY君の場合は、瞑想したら左へ行く道が、道自体は良くないもののかわいいウサギが出てきて楽しく思えたそうです。

Y君がその道はなにかと考えたら、すぐに、故郷に帰って実家の家業を継ぐことだとわかりました。
その後、家に戻った彼は、幼馴染だった女性と結婚して、今では子どもたちに囲まれて幸せに暮らしています。

【 参考書籍 】
なぜ直感の方が上手くいくのか?

問題解決のための瞑想法 CDやAIBOを開発した元ソニーの科学者天外伺朗氏による瞑想本

【 関連記事 】
知恵の瞑想法
ハイヤーセルフとつながる瞑想法
波動に乗る瞑想

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2526330342045585"
data-ad-slot="2445232898"
data-ad-format="auto">