超能力で願望を叶える方法2

「3日間願望実現テクニック」の続きです。

超能力トレーニングの技術を使って、一般的な「引き寄せの法則」で言われている内容よりはるかに具体的で強力なメソッドになっています。

前回は、理想の相手との楽しい時間を過ごしている様子をイメージしてもらうところまででした。

red-wine-on-plate


願望を「理想的な異性とめぐり合い、結ばれる」ことを例にして説明しています。
願望が仕事や健康のことの場合は、適宜読みかえて行ってください。

スポンサーリンク

3日間願望実現テクニック(続き)


8.理想のパートナーとの会話

理想のパートナーと会話しながら、理想のパートナー像について、もっと明確なものにしていきます。

たとえば、次のような内容を聞いてみてください
1)パートナーの年齢は?
2)パートナーは子ども好き?
3)都会に住みたいか、自然の豊かな場所に住みたいか
4)どんな仕事をしているか
5)パートナーに性格は?快活、社交的、おとなしい、控えめ、シャイ、小悪魔的など
6)趣味や特技は
7)信心深い方かドライな方か スピリチュアルを信じる?
8)家族の様子は
9)パートナーの友達はどんな友達?人数は?
10)どんなお笑いが好き?、など

パートナーの横に座っているとイメージして、相手の体温を感じながら、質問して相手の返事を待ちましょう。

9.練習、練習、また練習

いままで説明した「願望の内容を細かく鮮明にするビジュアライゼーション」を3日間行います。

重要なことは、100%の力でイメージすることです。
あなたのエネルギーを集中させれば、夢は必ず現実になります。

10.寝る前のアファメーション

寝る前には、イメージした内容を潜在意識にさらに植えつけるためのアファメーションを行います。床に入って、アファメーションを繰り返し唱えながら眠っても良いでしょう

たとえば、こんな感じです。
「私は、理想の彼/彼女に出会って結ばれる」
「私は、あの彼/彼女と結婚して幸せに暮らしている」
「私は素晴らしい彼/彼女と結婚して幸運に感謝している」

11.最終ステップ

ここまで3日間行ったら、4日目の朝いちばん重要なステップに入ります。

瞑想を行います。
3日間にイメージした内容を復習しましょう。
理想のパートナーのイメージ、あなたの感情を振り返ります。

そうして、3日間溜めに溜めた思念を「宇宙に向かって『現実になって戻ってくるように』祈りを込めて、放つ」様子をビジュアライズします。

思念を放出したら、後はきれいさっぱりこの3日間行った内容を忘れてしまいましょう。後日、自然に理想のパートナーと出会い、関係が結べるでしょう。

全く忘れてしまうことが非常に大事だ(そして、むずかしい)とされています。
あれこれ考えると、あなたが放った思念とあなたの中の思念がずれてしまうからです。

ずれてしまえば、思念が現実になって戻ってきても、あなたには届きません。
ですから、3日間トレーニングの後は、願望の内容については何も考えないのです。

できれば、「裕福になる」とか「世の中のために貢献する」といった次の願望に移ってしまった方が良いという超能力者もいます。

【参考図書】

【関連記事】
超能力で願望を3日間で叶える方法1
超能力で願望を実現する方法
超能力で願望を実現する方法(つづき)

スポンサーリンク

2件のコメント

  • cikap

    3日間溜めに溜めた思念を「宇宙に向かって『現実になって戻ってくるように』祈りを込めて、放つ」様子をビジュアライズする、というのは、その「祈りを込めて放つ」様子でなくてはならないのですか?実際に祈りを込めて思念を放ってはいけないのですか?

    • はりす@能力ツール・クリエイター

      cikapさん、こんにちは。書き込みありがとうございます。

      「実際に思念を放つ」とはどういうことを考えていらっしゃるのでしょうか?
      私は「祈りを放つ様子」をビジュアライズすることと同じように考えています。