ハンドパワーを調べる方法

古くからよくある話として、ハンドパワーによって病気が治った、というのがあります。
一方で、ハンドパワーが使えると自称して、病に悩む人につけこんで、怪しげな新興宗教に入信させたり、お金を巻き上げようとする輩がいるのも事実です。
*お金を要求される場合はほとんど詐欺なので、要注意ですね。

そこで、今回は自分でハンドパワーがあるのか調べる方法を紹介します。
ハンドパワーがあるという人がいたらやらせてみるのも良いですね。

また、この方法は繰り返すことで直観が鋭くなり、正しい決断ができるようになるトレーニングでもあるので、ビジネスマンや経営者にもおすすめです。

スポンサーリンク

カラーセンサー法でハンドパワーを高める

01.
赤・黄・黒3色のトランプくらいの大きさのカードをつくります。

カードは厚紙にマジックなどで色を塗っても良いし、折り紙を貼り付けても良いです。
ただし、裏返したときに色がわからないように注意します。

ハンドパワー用カード

02.
3枚のカードを裏返して机の前に並べます。
このとき、どの色のカードをどこに置いたかわからないように適当にシャッフルしておきます。

03.
3枚のうち1枚のカードに手をかざします。
カードと手の距離は10cmくらいが適当です。

手からパワーを送っていると集中して念じます。

04.
5分から10分すると、ハンドパワーが反射して、カードの色によって、かざした手に次のような反応が返ってくるそうです。

  • 赤いカード-熱い感触
  • 黄色いカードー暖かい感触
  • 黒いカードー冷たい感触

05.
カードからの反射を感じたら、裏返して答え合わせします。
1ヶ月くらい訓練すると、70%を超える正答率が得られるそうです。
(赤に関しては早くから百発百中になるという人もいます)

関連記事はこちら
直観力を鍛える4つの方法
超能力の輪をつくろう | 念力4

スポンサーリンク