超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


超能力の輪(サイ・ホイール)は、念力の習得に最適のアイテムです。

アメリカの作家 マーティン・ケイディン(インディー・ジョーンズ・シリーズのうちの数作も執筆)は、1980年代半ば以降「念力は誰でも習得できる能力である」と主張して、実際に人々の前で念力を実演していました。


彼が独学で念力を習得したときに使用したのが、超能力の輪(サイ・ホイール)です。

まだその当時は、「超能力の輪」ではなく、「エネルギーの輪(エナジー・ホイール)」と呼ばれていましたが、それは紙やアルミ箔でできた小型の風車です。

ケイディンは何年も練習を積んで、超能力の輪を自在に回せるようになりました。

今回は、この超能力の輪の簡単なつくり方を紹介します。


超能力の輪(サイ・ホイール)のつくり方


用意するもの
  • ポストイット(紙製の正方形のものならなんでもOK!)
  • 針(縫い針)または、爪楊枝
  • 消しゴム



1.
風車の羽の材料を用意します。

6~10センチ四方の正方形の紙(アルミホイルを切ったものでも可)を
用意します。

ポストイットは、7.5センチ四方で大きさもちょうど良いですし
厚みも程よく、風車の羽の材料に最適だと思います。

2.
1.の紙を対角線上に折ります。

超能力の輪 サイ・ホイール

折った紙は開きます。

3.
今度は、反対側の対角線上に折ります。
折るのは上と同じ向きになります。

超能力の輪 サイ・ホイール2

折ったら、また開きます。

超能力の輪 サイ・ホイール3

4.
紙を裏返します。
今度は、タテに紙を折ります。

超能力の輪 サイ・ホイール4

折った紙は、また開きます。

5.
紙を同じ向きにヨコに折ります。

超能力の輪 サイ・ホイール5

折ったら、紙を開いて、もう一度裏返します。

6.
折り目にしたがって、中心方向に紙を寄せれば
写真のように風車の羽が出来上がります。

超能力の輪 サイ・ホイール7

対角線の折り目は山折、タテ・ヨコの折り目は谷折となっていますね。

7.
消しゴムに縫い針(または爪楊枝)を刺します。

超能力の輪 サイ・ホイール7

8.
7.に羽の中心を乗っければ、完成です。

超能力の輪 サイ・ホイール8

念力を使って、ぐるぐる羽を回してみましょう!



私だったらもっと速く回せます!

関連記事はこちら

念力を習得する基礎トレーニング
念力を習得するトレーニング2
念力を習得するトレーニング3

ページ上部に