トランプで透視練習 的中率を上げる方法

トランプを使うと、もっとも手軽で簡単に透視の練習が行えます。
トランプは歴史を通して、予言や占いに使われてきましたが、これは数(絵札)や色の現れ方のパターンが、超能力や無意識の領域とリンクしていると考えられてからです。

「トランプで透視練習 的中率を上げる方法」の続きを読む…

透視の練習 ハイド&シーク

前回に続いて、透視の基本練習方法を紹介します。
ハイド&シークとは「かくれんぼ」の意味ですが、ターゲットのことを透視で見つけることです。子どものかくれんぼと同じようにゲームとして楽しむことが大事です。

「透視の練習 ハイド&シーク」の続きを読む…

透視能力を開発する方法3 自分の前世を知る

自分の前世を知る方法は以前にもオーソドックスな方法を紹介しましたが、今回は透視能力者リニエルが教える自分の前世を知るための方法です。

基本的には、薔薇十字団に伝わる方法を踏襲しています。
「透視能力を開発する方法3 自分の前世を知る」の続きを読む…

透視能力を開発する方法2 過去を透視する

リモート・ビューイング(遠隔透視)は、空間だけではなく、時間も超えるというお話をさせて頂きましたが、今回は過去を透視するための2つのエクササイズ・トレーニング方法を紹介します。

過去を透視した例としては、米国中央フロリダ大学のディビッド・ジョーンズ考古学博士の教室で、超能力探偵(サイキック・ディテクティブ)ノーリーン・リニエルが行った人骨調査があります。
「透視能力を開発する方法2 過去を透視する」の続きを読む…

透視能力を開発する方法1

よく知られているように、1970年代のはじめ、米国CIAと国防総省は超能力研究プロジェクトを発足させました。その中心になったのは、カリフォルニア州にあるスタンフォード研究所(SRI)です。

スタンフォード研究所(SRI)では、とくに国家安全のためにリモート・ビューイング(遠隔透視)の研究が盛んに行われました。 「透視能力を開発する方法1」の続きを読む…

透視能力を開発する方法

前回のリモート・ビューイングに続いて
今回は、透視能力を目覚めさせる方法
を紹介します。

透視は、クレヤボヤンスとか千里眼とも
言われていて、
誰もが訓練によって習得できる
リモートビューイングと異なり、
才能が必要な超能力であると
言われています。
(リモート・ビューイングのさがわ あつし氏の意見)
「透視能力を開発する方法」の続きを読む…

リモート・ビューイングを習得する方法

リモート・ビューイング(Remote Viewing 略称RV)とは、
五感を超えた超感覚を使って、
離れた、または、見えないところにあるターゲット(人や場所、物事など)
についての情報を集めることをいいます。
「リモート・ビューイングを習得する方法」の続きを読む…