透知能力(クレアコグニザンス)を高める方法

透知とは、ものごとについて読んだり聞いたりしないで「知る」ことを言います。
かんたんに言うと、霊感、ヒラメキ、啓示、直観のようなものです。透知能力は超能力の1つとされています。

英語では、透「視」能力のことをクレアボヤンスと言いますが、「見る」=イメージではなくて、「知る」=考えの形をとったもので、透「知」能力=クレアコグニザンスと呼びます。

知恵のイメージ

透知では、本人にも「なぜ・どうやって」知ったのかわかりません。また内容を真実だとする証拠もありません。しかし、本人には真実だという強い確信があるのが、透知の特徴です。

「透知能力(クレアコグニザンス)を高める方法」の続きを読む…

心眼を開くトレーニング 鏡を使う

肉眼では見えていないものを知覚することを「心眼(こころの目)で見る」とも言いますが、心眼で見えるようになるための基本エクササイズを紹介します。

それは古代から行われている鏡などの反射するものに映る自分を見る方法です。

「心眼を開くトレーニング 鏡を使う」の続きを読む…

直観を増幅する練習2

直観としてあなたに届く信号を大きくはっきりさせるための練習の続きです。

前回は、
・あなたに直観を伝えるものはなにかを明らかにすること
・日常の判断に正しく直観を使う練習法
についてお話しました。

「直観を増幅する練習2」の続きを読む…

直観を増幅する練習1

東日本大震災の直前に、なにか漠とした不安を感じていた人は少なからずいます。
ただ、その不安の正体がなんであるのかがよくわからなかったといいます。

同様に、予知でもテレパシーでも、あなたはちゃんと情報を受け取っているのに、なにか感じているのに、それがなにかわからないでいる可能性が高いと思われます。

「直観を増幅する練習1」の続きを読む…

こころの耳で聞く 第六感を鍛える

心眼という言葉があります。肉眼では見えないものを見る「こころの目」です。

同じことが、耳についても言えます。「こころの耳」で、ふだんは聞こえないものを聞くためのエクササイズをやってみましょう。直観を良くして、超能力の基礎トレーニングに最適です。

「こころの耳で聞く 第六感を鍛える」の続きを読む…

深く見る練習 第六感を鍛える

インスピレーション=第六感を鍛えるためには、まず前提となる五感を磨く必要があります。五感のなかでも視覚は多くの人にとって第1の感覚と言って良いでしょう。
ただ、私たちはふだんただ眺めているだけで本当はなにも見ていないことが多いものです。

「深く見る練習 第六感を鍛える」の続きを読む…

予知力ー直観力を高める方法 2

前回は、予知力-直観力を高めるためには、日頃から直観に注意を払っておくことが重要であるというお話と辞書を使った予知力アップのエクササイズを紹介させて頂きました。

今回は直観力を鍛えるためのエクササイズとして、ペンデュラム(振り子)を使った占いを紹介します。
「予知力ー直観力を高める方法 2」の続きを読む…

色を視覚化するトレーニング~超能力の基礎訓練

色の心像視については、以前「超能力の基礎トレーニング 心像視」(エレベーター&エスカレーター法)で紹介していますが、超能力の基礎訓練として重要ですので、今回は他の方法も紹介します。
「色を視覚化するトレーニング~超能力の基礎訓練」の続きを読む…