エンパシーで他人の感情を操る方法

エンパシーは、英語で「共感」という意味です。

一般的には、共感は「他人が体験し感じているを、まるで自分のものであるように感じて同調する」ことかと思います。それは自然で無意識の心の作用です。
共感が過ぎると、過敏症のようなネガティブな影響も出てきます。

ハートのつながり

超能力のエンパシー

超能力的なエンパシーは、「他人の経験してる感情を理解し、操ること」を意味します。
一般的な共感と異なるのは、それが意識的にターゲットにチューニングしたものであって、自他の感情の区別がついていることにあるとされています。また、一般的な共感は、他人の演技にも騙されてしまうのに対して、超能力のエンパシーは見せかけの感情には動かされません。

「エンパシーで他人の感情を操る方法」の続きを読む…

動物と話せるようになるための5ステップ

動物と話をする能力を身につけ、深いレベルで動物とコミュニケーション出来るようになると、愛するペットを幸せにするばかりでなく、あなたの人生も豊かになるはずです。
また、あなたの隠れた能力を開発するきっかけにもなります。

犬とメッセージ

動物と話せる人をアニマル・コミュニケーターなどと言いますが、サイキック(超能力者)の1種と考えられます。

ただ、それは、後に述べるように、動物に対する知識やスキルとテレパシー=超常的な能力との組み合わせです。

「動物と話せるようになるための5ステップ」の続きを読む…

直観とテレパシーで渋滞を切り抜ける!?

ゴールデンウィークや夏休みはクルマでお出かけされる方も多いと思います。

ただ頭が痛いのが、渋滞。
高速道路なのにノロノロ運転を強いられたり、駐車スペースを探すのに苦労したりして、楽しさも半減しかねません。
「直観とテレパシーで渋滞を切り抜ける!?」の続きを読む…

ガンツフェルド現象を利用したテレパシー

前回は、夢見の状態でテレパシーを受信することの有効性について紹介しました。
今回は、もっとかんたんにテレパシーを受信しやすい状態にする方法=ガンツフェルド現象について紹介します。

ガンツフェルドとはドイツ語で「全分野」という意味です。
具体的には、耳にはヘッドホンをしてホワイトノイズを流す、目にはピンポン球を半分に割ったもので覆うなどして、感覚の刺激を減らすことで、超能力を働きやすくするのだそうです。 「ガンツフェルド現象を利用したテレパシー」の続きを読む…

ドリーム・テレパシー

以前、テレパシーのトレーニング法をいくつか紹介しましたが、
上手くいかなかったなら
ドリーム・テレパシーにチャレンジすると良いでしょう。

眠っているときの方が起きているときよりテレパシーはずっと受信しやすくなるようです。
「ドリーム・テレパシー」の続きを読む…

愛のテレパシー:好きな人に送る

愛のテレパシーを送るトレーニング

この超能力.netでは、テレパシー関係の記事が人気のようですので
今回は、愛する人にテレパシーを送る方法を紹介します。

ベースになっているのは、トム・ピアソン著「テレパシー:ESPパワーを使う方法」(邦訳なし)
という本です。

「愛のテレパシー:好きな人に送る」の続きを読む…

動物と話す アニマル・サイキック

動物(ペット)と話せるという人は
アメリカにはけっこう沢山いますし
スクールなどもいくつもあります。

呼び名は
ペット・サイキック
アニマル・コミュニケーター
ペット・ホウィスパラー
など様々ですが
「動物と話す アニマル・サイキック」の続きを読む…