超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


若返りの鍵は
ヒト成長ホルモン(HGH)の分泌を
適度に増加させることにあります。

1990年、米国ウィスコンシン大学で行った実験では
61歳から81歳までの男性に6ヶ月間成長ホルモンを投与したところ
全員10歳から20歳の若返りに成功しました。

具体的には

  1. 毛髪の再生
  2. 体脂肪の減少
  3. 免疫機能の向上
  4. 視力の回復
  5. 筋肉の増加
  6. コレステロールと血圧の低下
などが顕著に現れたそうです。

このように優れた効果を持つ
成長ホルモンは
脳の真ん中にある脳下垂体と呼ばれる場所で
つくられます。

が、加齢とともに分泌量が減少し
60歳では20歳のときの1/4しか
つくられません。

そこで、いつまでも若くあるためには
成長ホルモンの分泌量を増加させる
努力が必要になってきます。

祈る若い女性

若い女性



なお、ヒト成長ホルモンのサプリメントも
一部で販売されていますが、
これは全く効果がない(むしろ害である)と言われています。

理由は、
  • 経口による摂取では体内に吸収されないこと
  • 遺伝子組換技術で生成されたものであることによる危険性
の2点にあります。

注射による摂取も
一時的には有効ですが
続けるうちに
脳下垂体が成長ホルモンをつくるのをサボるようになる
ということであり
お勧めはできません。

そこで、成長ホルモンを
体内でつくる力をアップさせることが
大事になってきます。



成長ホルモンを自然に増加させる方法


01.
毎日(または週6回)運動エクササイズを行う。
時間は30分から60分間が適当です。

内容は
筋力トレーニングと心肺機能を高めるエクササイズを
バランス良く組み合わせます。

エクササイズの
やり過ぎは良くありません。
90分を超えると逆に
成長ホルモンは減少するというデータが出ています。

02.
筋力トレーニングにおいては
30秒から45秒の
インターバルをとりつつ行うと
成長ホルモンの分泌が最大化します。

03.
脳下垂体から
成長ホルモンが分泌されるのは
REM睡眠中です。

深い睡眠をとるために
良い寝具を選び
灯りは全て消すようにします。
また、リビングでうたた寝などはやめましょう。

決まった時間に寝て
決まった時間に起きるようにして
7時間から9時間の睡眠を確保するようにします。

04.
正しい食事も
成長ホルモンの分泌には必要です。

たっぷりの新鮮な野菜や果物
魚、肉の赤身、鶏肉を摂り
加工食品、アルコール、タバコなどは避けます。

またストレスもコントロールすることが必要です。


次回は、もっと直接的な方法で
成長ホルモンの分泌を増やす方法を紹介します。


あなたの一票が続ける力になります

タグ: ,

ページ上部に