集中力を高める方法

超能力の練習をしても、なかなか上達しない人の共通点として「集中力が続かない」ということが挙げられます。

そこで、最低でも5分、できれば15分間集中していられるためのエクササイズを紹介します。

最初は誰でも1分間も集中できないものです。でも、トレーニングを重ねることでその時間を延ばすことができます。

瞑想ホール

なお、前々回紹介した「スプーン曲げ」も集中力を高める良いトレーニングになりますので、集中力をアップさせたい人は、そちらもやってみてください。

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2526330342045585"
data-ad-slot="2445232898"
data-ad-format="auto">

芸術品と一体化するエクササイズ 集中力を高める練習法1

1.
静かで落ち着ける場所と時間を確保します。
携帯の電源もオフにしておきましょう。

2.
平和で穏やかな雰囲気の芸術品を用意します。
絵画や陶器、ガラスの工芸品などが適当でしょう。

絵画は壁に掛け、陶器やガラスの工芸品はテーブルに置きます。

ワイングラス(ガラスの工芸品)

3.
先ずは、対象の芸術品をじっと凝視します。
余計な考えが湧いてきますが、それを払うように心がけて、見つめることに集中します。

4.
芸術品と一体化します。
あなたのオーラを芸術品に送っているとイメージし、そのオーラが芸術品のオーラと重なりながら戻ってきて、あなたの体を包み込んでいます。反射してくるオーラを感じてみて下さい。

5.
芸術品を周囲から中心まで細部までじっくり見つめます。
目を閉じて、見た内容をできるだけ詳しく脳裏に描きます。

目を開いて、また芸術品を凝視したら、目を閉じて脳裏にイメージします。
これを2回、3回と繰り返します。

6.
このトレーニングを毎日行います。
慣れてきたら、5.をどれくらいの時間できたかを心の中で測ってみましょう。

黒点を見つめるエクササイズ 集中力を高める練習法2

1.
静かで誰にも邪魔されない時間と場所を確保します。

部屋には、画用紙に直径1センチほどの黒い円(点)を描いたものを用意して、壁に貼ります。高さは座ったときに丁度目の高さになるようにします。

椅子は背中が真っ直ぐになるものが望ましいです。

黒い点を見つめる練習 集中力アップ

2.
呼吸をゆっくり深く繰り返し、リラックス。瞑想モードに入ります。

黒い点を見つめます。

他の事は一瞬たりとも考えずに、ただ黒い点を見つめていられることを最初は5分、できれば15分以上を続けられることを目標にします。

時間のことも最初に一度確認したら、あとは気にしてはいけません・
まばたきは構いませんが、自然にまかせて、意識することのないようにします。

見続けていると、黒い点の周辺がぼやけたり、オーラを発しているように見えたり、灰色の点が動くように見えます。これは当然の現象ですので、気にしないで見続けます。

【 参考書籍 】

【 関連記事 】
超能力の基礎トレーニング 心像視
色を視覚化するトレーニング~超能力の基礎訓練
無限の記憶力を身に付ける 求聞持聡明法

スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2526330342045585"
data-ad-slot="2445232898"
data-ad-format="auto">