超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


リモート・ビューイング(Remote Viewing 略称RV)とは、
五感を超えた超感覚を使って、
離れた、または、見えないところにあるターゲット(人や場所、物事など)
についての情報を集めることをいいます。


*日本でリモート・ビューイングを紹介しているのは
さがわあつしさんですが、彼の著書によると
超能力者の透視能力をクリヤボヤンス(千里眼)というのに対して,
普通の人が訓練で直感をきたえ,
遠隔透視技術を高める事を
リモート・ビューイングというのだそうです




1980年代アメリカ政府は
2千万ドルの予算を投じて
リモート・ビューイングの研究を行いました。

その成果をもとに、現在では
アメリカ国内のあちらこちらで
リモート・ビューイングの教室が開かれてたり
通信講座が開催されるようになっています。

リモート・ビューイングは、前述の通り、
誰にでもできるもので、
独習も可能です。

リモート・ビューイングの理論や背景は様々ですが
今回はビジュアライズによるリラクゼーションに
重点を置いた方法をご紹介します。


リモートビューイングの方法


1 静かで人目につかない場所を確保します。

リモートビューイング中に
心を乱されないことは非常に重要なことです。

そのために静かで
人目を気にしないで
集中できる場所を確保します。

場所を確保したら
椅子やソファにすわったり
ベッドに寝て
楽な姿勢をとります。

ヨガの経験があるのであれば、
蓮のポーズがおすすめです。

蓮のポーズ

蓮のポーズ




2 目を閉じて体をリラックスさせます

深く息を吸って、ゆっくり吐きます。
意識して全ての筋肉を緩めるようにします。

鼻から息を吸って
口から吐き出すようにしますが
色のついたエネルギーをイメージして、
エネルギーが鼻から入ってきて、
体全体に広がって
口から出ていくように
ビジュアライズします。

これを
身体が落ち着いた感覚を持つようになるまで
普通は5分程度
続けます。



3 こころを浄化します

身体がリラックスするにつれて
いろんな考えが浮かぶようになりますが、
雑念を外に出すようにします。

心配事や嫌な思いを排除することに集中します。
これがむつかしいときは、息を数えることに集中します。

自分の考えををコントロールすることができるようになるまで
(普通は3から5分程度)
続けます。



4 リモート・ビューイングのターゲットに集中します。

リモートビューイングの
ターゲットを決めます。

あなたが
よく知らないもののなかで
あなたの近くにあるもの、
ユニークなもの
実際に見れるもの、確かめられるもの、が
ターゲットには相応しいです。

注意力をこのターゲットに注ぎます。

ターゲットの
色や形、テクスチャー、におい、
見たときの自分の気持ちなどは
どうなっているかを
イメージします。

ただし、無理に感じたり
印象を受けるようなことをしてはいけません。
ただ
あなたの潜在意識のままに
自然にイメージがやってくる
のを待ってください。





5 観察結果を記録する

リモートビューイングの結果、
十分な情報が得られたと感じたら、
目を開けて、意識を通常に戻します。

ノートにターゲットについて思い浮かんだ内容を
なんでも書いていきます。

スケッチしたりできるだけ
詳しく思い出して書くようにします。




6 どれぐらいうまく行ったか確認する

実際にターゲットの場所やオブジェクトに行って
ターゲットと
リモート・ビューイングの内容の
類似点を探し出します。


リモート・ビューイングの
練習を重ねていくにつれて
より正確なものになっていくはずです。



【リモート・ビューイングの注意点】
1集中できないときは、場所や姿勢を変えて見ましょう
たいていはこれで問題が解決するはずです。

2もし
あなたが書いたものと
ターゲットに共通点が見当たらなくても
がっかりすることはありません。
リモート・ビューイングには多くの修練が必要です。
あきらめずに続ければ
必ず上達していくはずです。


参考
リモートビューイングテスト

ページ上部に