超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


心眼という言葉があります。肉眼では見えないものを見る「こころの目」です。

同じことが、耳についても言えます。「こころの耳」で、ふだんは聞こえないものを聞くためのエクササイズをやってみましょう。直観を良くして、超能力の基礎トレーニングに最適です。

こころの耳を開くイメージ

Step1 外の音を聞く

私たちの周りにはたくさんの音で溢れています。しかし、ふだん私たちが認識しているのはそのうちせいぜい2つや3つくらいです。
聞くことに集中して、多くの音を聞いてみましょう。


スポンサーリンク


1.
エクササイズはリラックスできる家のなかで始めるのが適当です。
目を閉じてゆっくり呼吸して、瞑想状態になります。

2.
周りの音を聞くことに集中します。
どんな音が聞こえてきますか?
時計の音、通りを過ぎていく車のエンジン音、鳥の鳴き声、冷蔵庫のコンプレッサの回る音、電化製品のブーンというノイズなどいろんな音があるはずです。

3.
あなたの耳が超高感度のアンテナになったとイメージします。
そうして物理的な聴覚を越えた音を聞き取るように、耳を澄ましてみましょう。

  • 10キロ先にある高速道路で車の行き交う音
  • 5キロ離れた川のせせらぎの音
  • 50キロ遠くにある海の音
  • 100キロの距離にある空港での飛行機の離発着音、など

これらの音を聞こうと、こころの耳を開いているとイメージしてください。
感度を上げることで、なにか感じることはありませんか?
もしあれば、ノートにメモしておきましょう。

慣れてきたら、戸外に出てやってみるのも面白いです。
もっと沢山の音が聞こえるはずです。


Step2 内なる音を聞く

次に、私たちの体のなかの音を聞きます。

1.
目を閉じてゆっくり呼吸して、瞑想状態になります。

2.
あなたの体が発する音に注意を集中します。
はじめは、呼吸の音を聞き、深くリラックスするにつれて、心臓の鼓動が聞こえてくるでしょう。

3.
もっと深いところにある音をこころの耳で聞くように意識してみてください。
  • 胃や腸の消化器官が活動する音
  • 血液が静脈や動脈を流れる音
  • 脳波がパルスを刻む音
  • 細胞が活動する音、など

さらに深く、こころのなか(宇宙にもたとえられます)の音 を聞くように注意しても良いでしょう。

なにか感じることはありますか。
気がついたことがあれば、ノートに記録しておきます。

このエクササイズは刺激に欠けるところがあるかもしれません。でも少し続けることで、直観がたいへん鋭くなります。インスピレーションが訪れやすくなります。
なにかに悩んだり、迷ったりしたときに、解決法を求めてやってみても良いでしょう。

加えて、音楽への理解が深まります。たとえば、いままでクラシック音楽を敬遠していた人が、心を震わせるほど感動した事例もいくつかあります。

【 参考図書 】





【 参考記事 】
超能力の基礎訓練 五感を鋭くする
超能力の基礎トレーニング 心像視


スポンサーリンク

タグ: ,

ページ上部に