超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


死後の世界や霊魂の存在については、現代でもまったくわかっていません。

アメリカ人の4人中3人が死後の世界を信じているそうですし、日本人では5割くらいが霊がいると思っているという調査もあります。

反対に、超能力者たちにも霊魂の存在を否定するグループがあります。
そういう人たちも、死者が残した精神的なエネルギーを読み取ることは可能だと言っています。

今回は、亡くなった身近な人とコンタクトする方法について紹介します。

墓地
なお、死者を呼び出すと称する霊媒師などには注意しましょう。彼らのほとんどは、偽者で、言っていることは嘘です。亡くなった人へ思いを持ち続けるあなたであれば、ご自分でコンタクトした方が良いです。


スポンサーリンク



亡くなった家族や友人とコンタクトする方法


0.用意するもの
・静かな部屋
・ローソク 1本でも2本でも良い
・紙とペン(鉛筆)
・亡くなった人に関わるもの(写真やアクセサリーなど)


1.
死に別れた愛する人と交信する十分な時間を確保します。
亡くなった人が反応を返すまでに、最低でも3から4回、場合によっては10回以上のセッションは必要です。

2.
セッションの前に亡くなった人に聞きたいことを書き出します。

内容は
・よく整理してわかりやすく
・優先順位をつけて
・具体的な質問にする
ことが必要です。

3.
ではセッションに入ります。
亡くなった相手を尊重し、誠実で真心のこもった心構えを持つことが必要です。
また、相手と必ずコンタクトするという自信を持つようにします。

4.
相手の在りし日の写真やつけていた指輪や眼鏡などを手に持ちます。

5.
ローソク(1本でも2本でも良い)に灯をともします。
リラックスして、深呼吸を繰り返します。
それから、亡くなった相手をイメージしながら瞑想します。

6.
相手からのメッセージを受け取るのに自動書記のテクニックを使うのが良いです。

やり方は
ペンを持って、紙に向かいます。
頭の中を空っぽにして、論理的な思考はしないようにします。
直観だけを働かせるように心がけます。
目をつぶって、軽くペンを持って、自然に手が動きだすのを待ちましょう。

書いていることが意味をなさなかったり、文字が読めなくても、気にしないで続けます。

7.
自動書記がうまくいかない場合は、テーブルや壁をたたく方法もあります。
「はい」「いいえ」で答えられる質問に限られますが、こちらの方が成功率は高いようです。

質問をして、「『いいえ』なら1回、『はい』なら2回テーブル(壁)をたたいてください」と呼びかけてみましょう。

なんらかの反応は得られましたか?
得られなくてもがっかりする必要はありません。
日をあらためて、もう一度チャレンジしましょう。

8.
霊の研究で有名なカール・ペトリーによれば、亡くなった人が好きだった音楽をかけるのが良いそうです。
また、繰り返し何度も亡くなった人の名前を呼ぶことも忘れてはいけません。

亡くなった人とコンタクトする手順は以上ですが、相手の性格や好み、あなたと相手との関係によってやり方は違ってきます。生前を思い出して、相手が好みそうなことをいろいろと試してみるのが良いです。

【 参考書 】
「死後の世界」を知れば、人生が輝き始める
三度亡くなって、三度ともこの世に連れ戻されたダニオンが語るあなたが生まれてきた目的とは?


死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」
催眠療法士が見つけた、魂の永遠性をしめす29ケース



【 関連記事 】
透視能力を開発する方法3 自分の前世を知る
透視 あなたのいまと前世の因縁を知る
前世を思い出す方法 その1
前世を思い出す方法 その2


スポンサーリンク


ページ上部に