超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


ビジュアライゼーションとは「視覚化」ということです。
イメージすることとは厳密には異なりますが、イメージの中心は視覚ですので、ほぼ同義と考えて良いです。

超能力には、ビジュアライゼーションは欠かせません。
このブログで紹介している超能力にも必ずと言っていいほど使われています。イメージを鮮明にありありと脳裏に描くことが、あなたの秘めた能力を開発するためにはたいへん重要です。

ビジュアライゼーション
参考記事:
超能力の基礎トレーニング 色の心像視

今回はビジュアライゼーションのトレーニングを行いながら、同時にオーラを知覚する方法を紹介します。


スポンサーリンク


オーラを感知する視覚化エクササイズ

1.
先ず、10分から15分の間、誰にも邪魔されない静かなリラックスできる場所を確保します。携帯電話の電源もオフにしておきましょう。

2.
仰向けに寝ます。
目を閉じて、呼吸を深くゆっくり繰り返して、リラックスします。

3.
準備ができたら、注意を頭の上に向けましょう。

白い光が頭上から差してくるとイメージします。
白い光は、15cmくらいの大きさであなたの頭を包んでいます。
(仏像やキリストの絵に描かれた光輪を想定すると良いと思います)

これがあなたのオーラです。
オーラのイメージをしばらく持っていてください。
オーラをはっきりと視覚化できると、オーラの光を浴びて、うずいたり、ひりひりしたり、むずむずしたり、暖かったり、といった皮膚感覚が得られるはずです。

もし、なにも感じられなくても、気にする必要はありません。

4.
しばらくしたら、白い光は小さくなっていき、スイミングキャップのように頭にぴったり納まり、一体化します。

5.
次にあなたの足に注意を向けます。
白い光をイメージしましょう。
足の裏から15cmくらいの大きさの光が輝いています。

これがあなたのオーラです。
頭のときと同じように、しばらくの間、オーラを感じてみましょう。
うずいたり、ひりひりしたり、むずむずしたり、暖かったりしませんか?

なにも感じられなくても気にする必要はありません。

6.
しばらくしたら、白い光は小さくなっていき、靴下のようにあなたの両足にぴったりと納まります。

7.
3.から6.で行ったビジュアライゼーションを、もう2回繰り返します。
頭のオーラをイメージして、足のオーラをイメージします。
オーラを感じる時間を少しずつ長くするようにすると良いです。
またオーラの大きさも少しずつ大きくすると良いです。

8.
ここまで上手くできるようになったら、からだ全体にオーラをイメージしましょう。

あなたのからだ全体を白い光が包んでいます。15cmくらいの厚さです。
よく見ると、光のなかでは、光の粒子が動いていて、あなたのからだに当たっています。
オーラを感じてみましょう。
うずいたり、ひりひりしたり、むずむずしたり、暖かったりしませんか?

次に、あなたを包んでいるオーラの持つエネルギーと周囲のエネルギーが相互に関わりあっていることを感じてみましょう。

オーラはあなたの第2の皮膚のようなものです。
あなたから少し離れてはいますが、拡張したあなた自身です。

9.
しばらくしたら、白い光は縮んで、あなたの身体と一体化します

10.
8.から9.を2回繰り返します。

11.
最後に、深呼吸を3回行って、このエクササイズを終わります。
目を開けて、日常に戻ります。

このエクササイズを繰り返すことで、ふだんでもオーラを感じやすくなりますし、自分のオーラが強くなります。
人に対する影響力も増すはずです。

*補足
ビジュアライゼーションの使い方の例
呼吸に集中する瞑想がうまくいかない人は、ビジュアル・メディテーションをやってみると良いです。
この瞑想は、たとえば海に向かって瞑想していると想定して、寄せては返す波の様子や地平線、波打ち際の風景、鳥、魚などをイメージしながら行います。
あわせて波音のCDを流すのも良いと思います。

【参考図書】

受講生の約9割がオーラがみえた伝説の講座を書籍化!


【関連記事】
色を視覚化するトレーニング~超能力の基礎訓練
オーラを見る方法 初級編1


スポンサーリンク

タグ: ,

ページ上部に