超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


自分の秘めた能力を発揮するのにアファメーションを有効活用すると良いです。
有名な超能力者も、「修行時代はよくアファメーションを行っていたし、今でも使っている」と言う人が殆どです。

アファメーションは、自分の理想の姿について、簡単に短く声に出して言うものです。その効果は絶大で、望んだ通りの自分になります。

たとえば、ロンドンオリンピックで48年ぶりにボクシング金メダルを日本にもたらした村田諒太選手は、「オリンピックで金メダルを取った」と毎日何度も唱えていました。

唱える

アファメーションは自分自身と自分に必要なことについて、よく知っているほど、自分のこころに深く響きます。
こころの奥にアクセスすればするほど、アファメーションは現実になります。


スポンサーリンク



アファメーションの作り方と活用法


1.
先ず必要なことは、自分と静かに向き合うことです。
いま本当にあなたが望んでいることはなにか考えましょう。

その目的に対してアファメーションを4つから5つを作ります。
「私は~です」 「私は~します」と短く、はっきりと現在形で作れば良いでしょう。

たとえば、明晰夢を見たいのであれば

  • 私は明晰夢を見ます。
  • 私は夢の中で自分が夢を見ているとわかります。
  • 周りの景色がはっきりと見えます
  • 私は夢の中で昔の恋人に会います
  • 私は夢のなかのできごとを起きた後もはっきり覚えています
みたいな感じです。

*別に超能力関係でなくとも恋愛でも健康でも良いです。

唱えてみて、ポジティブな感情が湧いてくるもの、元気になるものが良いです。

2.
1週間つくったアファメーションを何度も唱えます。

1週間後、目的を変えても良いし、足りないと思ったら継続します。


3.
効果的なアファメーションにするために、考えておくべきことは次の4つです。

1)小さな目標を積み上げていくのが望ましい
アファメーションは、小さな目標・達成可能な目標を達成しながら、大きなゴールに向かうように組み立てるのが望ましいです。

上の明晰夢の例では、先ずは第1段階である「夢の内容を覚えておく」という目標に絞ってアファメーションをつくっていく方がより良いことになります。


2)なるべく具体的に
イメージしやすいようにアファメーションの内容は具体的に(でも短く)つくります。

3)できると信じること
アファメーションの内容をできると信じて唱えないと意味はありません。

4)粘り強く唱えること
実現には時間がかかることも多いです。粘り強く続けましょう。

【 参考書籍 】



【 関連記事 】
超能力の基礎トレーニング 心像視
超能力に入るためのリラックス・トレーニング


スポンサーリンク

ページ上部に