超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


明晰夢を見るための
オーソドックスな方法を紹介します。

明晰夢とは


一般的に、明晰夢(めいせきむ、英語:Lucid Dream)とは、
睡眠中にみる夢のうち、
自分で夢であると自覚しながら見ている夢のこと
をいいます。

これだけだとよくわかりませんが、
「明晰夢―夢見の技法」スティーヴン ラバージ:著 という本を読むと

明晰夢を見ることは
私たちの意識の90%以上を占めるといわれる
潜在意識へアプローチすることができる画期的手法であって

それによって
現実を超えた神秘的な体験ができ
本当の自分とはなにかがわかるようになる

のだそうです。




明晰夢を見る方法


1 明晰夢を見るための正しいマインドにセットする


できることを信じることが最も大事です。

夢の中でなにをするかを明確にして、
明晰夢を見ている自分をイメージする。

イメージトレーニングを繰り返すことで
結果に自信を持つことです。


2 夢の記憶を増やします


目覚めたら、すぐに夢を思い出すことを習慣にします。

寝る前には
私は夢を思い出すと
繰り返し繰り返し唱えます。

また、時には
夜中に
目覚まし時計のアラームをセットして
目を覚ましたところで
夢を思い出したり、

朝のうたた寝のなかで
夢の世界に入ったり
出たりするのも
良い方法です。

こうすることで
夢を見ている際中に目覚めたら、
夢の内容をよく覚えているようになります。



3 夢日誌をつける


枕元に日誌を置いて夢の内容を記録します。
重要でないと思えることでも
漏らさずに詳細を記すことが重要です。


4 あなたの夢の世界を検証します


3の夢日誌の記述が溜まったら
最初から読んでいきます。

そうするとあなたの夢には
夢のテーマ
できごと、
あなたの精神状態
などに特徴が現れるのが
わかります。

繰り返し現れる内容が重要です。
そのなかから、
夢を見ているかどうかを決めるサイン(特徴)を
見つけます。

たとえば、なんども追いかけれらる夢を見ているならば
それが、夢を見ているかどうかを決めるサインになります。


5 起きているときの周りの様子に注意します


目覚めているとき、
あなたの現実の世界で起こっていることに
いままで以上に注意します。

見逃してしまうような小さなことにも注意を払います。
五感をフルに使って日常の経験を観察します。

夢と現実の違いを明確にするための作業です。


6 リアリティー・チェックの内容を決めます


リアリティー・チェックとは
今自分が夢の中にいるのか、
それとも
目覚めているのかを
決めるものです。


最初は目覚めていることがはっきりしているときでも
行うようにします。

周囲の様子が理にかなっているかを
自問自答します。

たとえば
重力があるかないか
宇宙にいるような浮いている感じはしないか
ものを落下させたらどうなるか
をやってみます
重力がなかったら
あなたは夢の中にいるということです。

また
周囲の看板やものに書かれている
文を読んでみます。
周りを見回したあとで
もう一度文章を読んでみます。

文章が最初と2回目で変わっていたときは、
あなたは夢の中にいるといえます。


7 リアリティー・チェックを行います


4で明らかにしたあなたの夢のサインを見つけたら、
6で決めたリアリティーチェックを行います。

たとえば、
よく追いかけられる夢を見ているなら、
自分が追いかけられていると気づいたら
リアリティチェックを行って
これは夢かどうかを確認します。

リアリティチェックがNGであれば、
あなたは夢のなかにいます。



8 夢の世界を体験します


リアリティチェックがNGとなって
夢のなかにいるとわかったら、
素晴らしい世界が待っています。

1ではっきりさせた
明晰夢のなかでやりたいことを
実行しましょう。


9 最後に


あなたのガイドとなるのは
あなたのイマジネーション想像力です。
見たいものを見て、行きたいところに行くことが
できるようになります。


いかがですか?
説明が足りない部分もありますけど
だいたいの感じは
おわかり頂けたかと思います。

タグ:

ページ上部に