超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


超能力であなたのことを好きなってもらう方法については、以前「他人を遠隔操作する」というタイトルで書きましたが、それ以来、好きな異性を振り向かせるにはどうしたら良いかというメールをよく頂くようになりました。

いちおう最新の方法は上の記事で紹介したのですが、

他人を遠隔操作する2では、ターゲットとなる人と信頼関係を築くこと

他人を遠隔操作する3では、ターゲットがいまどうしているのか、ターゲットの情動を動かされる体験はなにかを知ること

が重要ですが、それがむずかしいので、他に良い方法はないかというものです。

そこで成功率は、前の2つよりは落ちるかもしれませんが、サイキック・セダクション(超能力で人を好きにすること)の他の方法を紹介します。




超能力で人を好きにさせるための前提


米国のサイキック・セダクションのある指導者は、サイキック・セダクションは誰でも使える有効な技術だが、上手くいかない理由は3つあると言っています。
すなわち、懐疑心、集中力不足、一生懸命やり過ぎること、であると。

サイキックセダクション

1.懐疑心を捨て、絶対上手くいくと信じること

本当にうまくいくのかと疑いながらサイキック・セダクションを行っても、上手くいくはずはありません。
とはいえ、なかなか目に見えないもの、まだ体験していないものを素直に信じるのは難しいです。
そこで、自信を持ってサイキック・セダクションを行うためには、「波動を学べ」と上の指導者は言っています。

私たちが見るものは、夢であっても、実際に目で見るものであっても波動=バイブレーションで出来ています。したがって波動に影響を与えられれば、お目当ての人の見方を変え、考えを変えることができます。

このように波動の理論を理解することで、サイキック・セダクションが実際に使える技術であることが納得できる、というわけです。


2.集中力を高める

集中力を高める方法はいくつかありますが、サイキック・セダクションでは脳波をシータ波にするトレーニングを行うことが採用されています。

リラックスした集中状態をつくるので、視覚化の能力(イメージする能力)が高まるためです。
(脳波=バイブレーションですので波動の法則との関係もあるようです)

3.ハードにやり過ぎないこと

しゃかりきになってサイキック・セダクションを行ってもうまくいきません。

実際に異性に対してアプローチするときにでも、ガツガツといっても相手が引いてしまうものですよね。
お目当ての方に対してさりげなく好意を示したり、笑わせたり、コミュニケーション回数を増やして、こころをあなたに対して開かせることが大事ですが、サイキック・セダクションでもそれと同じことです。

上の指導者は、このような間違ったサイキック・セダクションでは、「不足している」というバイブレーションを送っていると言っています。

相手を好きにさせる具体的なテクニックは次回に紹介します。


超能力で人を好きにさせる1の記事の補足


01.
波動を学ぶ本には以下のものがあります。






02.
シータ波にする方法には、他人を遠隔操作する3でも紹介した3つがあります。

目的に適ったマシンやCDには次のものがあります。

◆マシン◆
ボイジャーエクセル プロテウス
光の点滅と音で脳波をコントロールします

◆CD◆
Insight CD
ただし単品では効果が小さいので
マインドパルサー(インサイトCD用)と併用した方が良い

◆ダウンロード音源◆
SAB Quest (ディープ)
こちらは単品でもOK。
千代田仙人の超能力音源もつくので
こちらから入手するのがおすすめです。

ページ上部に