超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


オーラは、前にも述べたように、エネルギーの場であると考えられています。
オーラはいくつかの層に分かれた色の光として見えることが多いです。

今回は、オーラ占いの学校で教えているオーラの見方、読み方を紹介します。

月のオーラ


オーラを読む方法


01.準備するもの
・白い壁
・キャンドル
・オーラを読ませてくれる友達
・画用紙と色鉛筆(またはクレヨンなど)




02.
練習では友達のオーラを見ることとします。
友達には、無地の白い壁を背にしてイスに座ってもらいます。
友達の後ろには、白い壁だけが見えるように注意します。
服装は、無地でシンプルなものにしてもらいましょう。

03.
外光になるべく邪魔されないようにカーテンをしっかり閉めて、キャンドルに火を灯します。

光は明るすぎても暗すぎてもいけません。
昼は少なめに、夜は多めにキャンドルを用意しましょう。

04.
友達にはリラックスしてもらいますが、無理にじっとしている必要はありません。
好きな本を読んでもらったり、コーヒーやお茶を飲んでもらっていて結構です。

05.オーラを見る
あなたは深呼吸をしながら、リラックスします。
先ずは、友達の頭を見ながら、目の筋肉を緩めていきます。
そのまま頭のずっと先を見るように目の焦点をぼかしていくと、友達の頭の周辺がかすんでいるように見えてくるはずです。
このときに、色のついた光、または、色のついた霧とかもやのようなものが見えます。これがオーラです。


06.オーラの色を記憶する
どんな色のオーラが見えたか覚えておきましょう。
初心者は1色しか見えませんが、慣れてくると幾層にも色が重なって見えてきます。

なお、オーラが光のように見えるか、もやや霧のように見えるかは相手のエネルギーの状態によることが多いです。

07.オーラと残像は違う
ながく対象を見続けていると、まぶたの裏に残像が残って、これをオーラと勘違いすることがあります。
残像は対象から視線を外して全然違う方向を見ても見えるので、オーラとは区別できます。

08.オーラを記録する
用意した画用紙に見えたオーラの様子を絵に描きましょう。
あとでオーラを解読するために必要となります。
また、オーラ視がどれくらい上達したかがひと目でわかりますので、客観的にあなたのパワーを示す資料になります。

09.注意
前にも述べましたが、オーラを見るには目の焦点をうまくずらすことがポイントです。最初はうまくいかないときでも焦らないで続けることが大事です。
また、目が疲れたらじゅうぶんに休みましょう。無理は禁物です。

参考:
自分のオーラを読む方法
オーラを浄化する方法


オーラを見るための参考書籍

あなたにもオーラは見える



タグ:

コメント一覧
  • 練習してみますっ!


    2013年6月8日 5:03 PM | AKASHI

    • コメントありがとうございます。
      本文に書いたように視点をずらすのがポイントです。
      あまり疲れるまではやらないようにしてください。
      成功を祈ります。


      2013年6月17日 3:19 PM | はりす@能力ツール・クリエイター

トラックバック一覧
ページ上部に