超能力.net

体外離脱・明晰夢・若返り・透視・予知・テレパシー・念力などの超能力を開発する方法を詳しく教えます


今年の夏は、関東地方を中心に水不足に悩まされたところも多いですね。反面、局地的なゲリラ豪雨に襲われた地域の方もたくさんいらっしゃると思います。

このようなときに自分の力で天気をコントロールできればなあと思う人は多いと思います。

大気に念力をかけて、天気を左右することは古今東西で行われたことです。
たとえば、1970年代から80年代に活躍したテッド・オーエンは気象の異変を起こす能力を持っていて、時間と場所を特定して雷を落としてみせたのだそうです。

大気を動かす念力の第一歩として、今回は雲を消したり呼び寄せたりする方法を紹介します。

青空と雲


雲を消したり呼び寄せる超能力訓練



01.準備


大気についての念力は、だいたい5,6キロくらいが及ぶ範囲になっているようです。

静かで他の人に邪魔されないような場所を屋外に確保しましょう。

空を見上げて小さな雲を見つけます。


02.リラックスと集中


深呼吸を繰り返して、できるだけリラックスします。

雲を見つめて、雲に意識を集中します。

15分から30分間、これを行います。


03.雲を消すイメージを念で送る


雲が周りの青空に溶けてなくなっていく様子をイメージしながら雲に念を送ってみます。

あなたの体から想像上の手が伸びて、青空から雲を取り除いていると強くイメージします。

曇りの日に快晴にするようなことは最初はできませんが、雲1つに絞って集中すれば、1つの雲を消すくらいなら簡単にできると言います。

うまくいっても偶然かもしれないと言う疑惑が生まれるかもしれません。

疑念を払拭するために、今度は逆に青空に雲を生じさせるように念を送ってみましょう。

雲を消すことができるようになったあなたなら、簡単にできるそうです。




関連記事はこちら
念力を習得する基礎トレーニング

タグ:

ページ上部に